(3) Webメールでの送受信

3-1 メールの作成と送信
  • メールを作成する場合は右上の「メールを作成」のリンクを開きます。

  • 初期設定ではHTML メールの設定になっています。
    特に必要なければ「テキスト形式」のリンクを選び、テキストメール作成画面にすることをお勧めします。
  • メール作成中は、作成途中のメールが自動的に保存されます。
    保存されたメールは「下書き」フォルダに格納されます。
  • 作成後にメールを送信する場合は、作成画面の下にある「送信」ボタンを押します。
    また、送信せずに保存する場合は「すぐに保存」ボタンを押します。

3-2 メールの受信
  • メールをチェックする場合は、常にWeb メールにログインした状態にしておくことで、自動的にメールを受信します。
  • メールを受信するとWeb メールの受信トレイに「受信トレイ(1)」のように、受信したメールの件数を表示します。
    また閲覧ソフトのタイトルバーにも、このように表示されるため、パソコンでの作業中に閲覧ソフトでWeb メールを開きっぱなしにしておくと、自動的にメールをチェックできるので便利です。

3-3 「迷惑メール」
  • 当サービスで利用しているサーバーの迷惑メールフィルターは、一般的な迷惑メールフィルターよりも強力です。
  • 別のメールアドレスへ転送する設定をしていたり、メールソフトでメールをチェックしている場合、「迷惑メール」と判定されたメールは受信されません。
  • 迷惑メールは機械的に判定しているため、迷惑メールでないメールが「迷惑メール」と判定される可能性もありますので、別のメールアドレスへ転送設定をしていたり、メールソフトで受信している場合は、定期的にWeb メールにアクセスして「迷惑メール」の項目をチェックし、迷惑でないメールが迷惑メールとして判定されていないかをご確認ください。
  • また、迷惑メールではないメールが迷惑メールとして判定された場合は「迷惑メールを解除」ボタンで判定を解除してください。
  • 逆に迷惑メールを受信した場合は、Web メールよりアクセスし、該当のメールの画面を開き「迷惑メールを報告」ボタンを押してください。

3-4 「連絡先」
  • 「連絡先」はアドレス帳の役割をします。
  • 頻繁にメールをやりとりする相手がいる場合、その頻度に応じて、その相手のメールアドレスが自動的に「連絡先」に登録されます。
  • メール作成画面で、アドレス欄に文字を入力するとサジェスト機能により、にゅうりょくほう入力候補が表示されます。(下図参照)

  • また「連絡先」のリストから、メールを送りたいアドレスを開き、「作成」ボタンを押すと、送信先メールアドレスが入力された状態で、メールを作成することができます。
  • もちろん、自分で「連絡先」にメールアドレスなどを登録することもできます。連絡先画面の「連絡先を作成」のリンクを開くと、名前、メインのメールアドレス、メモ、画像などを登録することができます。
Comments